FX(外国為替証拠金取引)に関しての面白さは、一つの金融商品あるにもかかわらず、お金を掛ける期間を「短期投資」「中期投資」「長期投資」という3つの期間からいずれを選定するかということによって出資の方策が全然異なるという部分にあります。

第一には外貨への投資の「長期の投資」を詳しく見てみましょう。

長期の投資というのは、一年以上の長期投資が基本とされています。

為替相場においては、一年以上経った後の為替のレートは円高であるか、あるいは円安だろうかを推測することは、多くは難問かと思います。

普通は、「後々の動向は予知できない」というのが本音です。

わからないのになんとか推測しようとしたところで、そんなことは無駄なのです。

そのことから他の貨幣を買い、価格よりも円高に変わったとしてもその損失分は近い将来円安に戻るはずだという気楽な意識でやり取りに向き合うことが大事です。

儲けを大きくすることに限定せず、別の差益つまりはスワップポイントで利益を上げるということを、まず一つのゴールと決めてお金を預けてみましょう。

当然、少しの期間で為替の差損に損がなってしまうこともあります。

したがって、そういった損失でもさほど困らないようレバレッジを必要最小限で取引することが必要です。

外国為替証拠金取引は、差損がある金額以上に広がってしまうと追い証(追加保証金)を出さなければならなくなったり、またはストップロスになってしまったりします。

ストップロス(ロスカット)になってしまったら、売買を終了せざるを得なくなり、長期取引が難しくなります。

このようなリスクを回避するにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍に設定して取引するのがベストです。

第二に中期の売買を考えてみましょう。

中期の投資の場合は、長くて1?2ヶ月くらい先を予測してのやり取りです。

為替の売買の場合は、約1ヶ月後のことであればおおかた、推測可能でしょう。

G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)などの各国のミーティングの話題為替の市場で取引している人たちがどのようなことに関心があるかを聞いてみればほとんどの場合、見当がつくのです。

ファンダメンタルズを見る一方、チャートを見ることによって為替の状況を把握する事ができトレードを見定めるといいと思います。

基本的に、経済の状況とテクニカルのどちらも光り、あるいはどちらも買い傾向が同様の時はだいだいジャッジした通りに動いていくと思って間違いありません。

持ち金を増やすとさらに多い儲けを狙っていけるのです。

3つ目に短期の狙いどころです。

ここでいう短期のスタンスとは、いわゆる日計り取引を示しています。

為替市場でデイトレードを行う時、経済情勢は決して関係しないと断定していいです。

なぜならばあくる日の為替のレートの動きに経済の基礎的条件は絡んでいないからです。

この時の、カギは大規模な行事がありそれに影響して相場が著しく変動する時を見逃さないよう取引することです。

例として、アメリカ合衆国にて雇用情勢が公示されるまたは金融政策などによって制作金利が変化するほどのイベント。

こういった絶好のチャンスに変わり目を見過ごさないといった意味で、短期のトレードは多種のデータが必須となる。

Copyright © 2002 www.agirlandherbeer.com All Rights Reserved.