FXは、通貨の価値の変動を利用した投資という特性上、 対象の国の状況が変わることで、通貨の価値も大きく影響を受けます。 今回の記事では、国の状況による通貨への影響について書きたいと思います。 購入できる通貨の中には、金利が高く魅力的なものが存在します。 しかし、「その国の信用度が低い」や「政情や税制状況が不安定」 といった理由から、暴落の恐れがあります。 会社に例えると、経営がうまく行っていない状態の事ですね。 これをカントリーリスクと言い、購入する通貨を一か所に集めず、 分散して購入する事で回避する事かできます。 他には、政策が変わる、テロや戦争、経済指標の発表と言った特殊な事例により、 通貨の価値が短期間で大きく変わる事があります。 製造会社に例えると、何らかの事故で工場の一部が壊れて生産スピードが落ちた状態です。 これを地政学的リスクと言い、中立国の通貨に避難することで回避できます。 何事も平和が一番って事ですね。 情勢は、新聞やテレビのニュースなどで調べる事が可能です。 しかし、中には情勢を調べにくい国(あまり知られていない)も 存在しますので、極力マイナーな通貨は避けるようにしましょう。

Copyright © 2002 www.agirlandherbeer.com All Rights Reserved.