自動車を持つ人でしたら承知しているものですが、自動車税というものの納税義務があります。そしてこの税金は、自動車買取の際に返還されるお金なのです。これって実際に自分でやると覚えられますがでは最初から順に簡単に案内しましょう。一応補足すれば、国産で作られているクルマだけでなくドイツ車等も税金が戻ってくる対象になってきます。もちろんクルマもそうですね。自動車税というのはクルマを所有している人が支払わなければならない税で、この金額は車の排気量の大きさで決定されます。1リッター以下のであれば29500円、1リッターから1.5リッター以下までが34500円。これからは500cc刻みで5000円ずつ増えていきます。また自動車税は4月1日現在ので車を保有している人が、来年3月までのお金を納付する事になっています。つまりは事前納付になるということですから当然ですが車を手放して、所有者でなくなった時は先払いした分の自動車税は戻ってくるのです。税は前払いで以後一年分の全額を払いますので一年以内にクルマを引き取ってもらったときは新しい所有者がお金の納付義務を負うということです。売却先が専門店なら、売却した際に自分が払いすぎた税金を返金してもらえます。つまり、所有権が移った瞬間からの税額は権利が移った所有者が納付義務を負います。もしもあなたが10月中にクルマを引き取ってもらった際は、11月以降次の年の3月の間までの払った税金は還ってくるのです。それは、前述した通り自動車税は先払いであるという事実から来ています。ということはあなたは売却相手に払いすぎた税金を返還してもらうということになります。個人で愛車を買い取ってもらう場合意外とこのような大切なことに気づかない人が多くいるため、確かめるようにしましょう。自動車税が自動車を売った際に戻ってくるという知識を意外と知っている人が少ないからと言ってそのことを隠す買取業者もあります。自分から自動車税についての話題を出さなければ全然税金のことについて言わないというケースもたびたび見受けられます。ですので愛車の買い取りを頼む際には、自動車税が返ってくるか否かの確認を怠らないようにしてください。

Copyright © 2002 www.agirlandherbeer.com All Rights Reserved.